2018.07.04更新

こんにちはエコクルです(^^)
みなさん、ロシアW杯見ていますか?

 

我らが日本代表は、賛否両論ありながらもなんとか予選リーグを突破して、見事に決勝トーナメント進出を決めました!!

 

そんな日本代表の躍進も然ることながら、現地で応援している日本人サポーターの、ある行動が世界各国から注目され賞賛されていることをご存知ですか?!

 

それは、試合を観戦した後のマナーです。

 

日本人サポーターたちは、膨らませた青いゴミ袋を手に持ちながら応援して、試合が終わるとそのゴミ袋がいっぱいになるまでゴミ拾いをしているのです。
自分の座席だけではなく、スタジアム内を歩きながらゴミ拾いをしている姿が、各国のメディアに大きく取り上げられています。

 

そして、この行動が世界中に影響を与え「ゴミ拾いの輪」として、セネガル、ウルグアイ、コロンビアなどのサポーターにも広がっています。

 

このような日本的文化と日本人が持つパーソナリティーが世界に評価されるということは、サッカーに興味のない方々にとっても誇らしいことではないかと思います。
ちなみに、このゴミ拾いの始まりは日本代表がワールドカップに初出場した、1998年フランス大会だと言われています。

 

私たちも、廃棄物を扱うものとして自分たちの仕事に誇りを持ち、皆様のお役に立てるよう日々成長していきたいと思います。

 

横浜市内にお住まいのみなさん、粗大ごみ・不用品があれば、是非、エコクルへご相談下さい。お待ちしています!

 

では、また来週です(^^)