2016.05.18更新

こんにちは!エコクルです(^^)ノ

今週初め、沖縄県・奄美地方の梅雨入りが発表されましたね!
例年よりも1週間程、遅い梅雨入りとなったそうです。
関東では6月の初めくらいになるのでしょうか。
梅雨時期は、じめじめと憂鬱な気分になりますね…
お部屋で過ごす時間も増える梅雨時期、
読書や映画鑑賞など、新しい趣味を見つけるのも良いかもしれませんね♪

さて、今回は「こんなものを回収しました!」の第19弾!
食器等中身がそのまま入った食器棚です。
お部屋の粗大ごみをまとめて回収ご希望というお客様では、
箪笥や本棚、食器棚の中にそれぞれ衣類や本、食器類が、
入っている状態での回収ということも多くあります。
そういった場合、それぞれ袋やダンボール箱などに移して、
中身は中身、家具は家具での回収をします。

さて、今回の食器棚は、
★高さ約180cm×幅約80cm×奥行約50cmの食器棚です。
★食器類が食器棚の中に入った状態だったので、ダンボール箱を持参し、
 箱詰めをして回収をしました。
★段ボール8個分の箱詰めと運び出しの作業を2名で行いました。

横浜市 個人宅 粗大ごみ回収 食器棚

この場合…
出張費が2,000円、食器棚の処理費がLサイズ5,000円、搬出作業員費が3,000円
合計2,000+5,000+3,000=10,000円(税抜)が回収費でした。
※今回、食器棚の中に乾物類や調味料が少量あったのですが、許可品目外となるので、乾物類・調味料はお客様自身での廃棄をお願いしました。

物の材質によって重さが変わってきます。
その重さによって、金額が変わることもポイントです!
また、箱詰めや袋詰めをする物の量が多い際は、
別途オプション費としてダンボール・袋などの資材費がかかる場合があります。
まずは、お気軽にご連絡・ご相談下さい(^^)

では、また来週です(^^)