2019.03.13更新

こんにちは、エコクルです。

 

「東日本大震災」から8年が経ちました。
渋谷では震災があったということを風化させないように、スクランブル交差点のビルに「もしここ渋谷に来ていたら、ちょうどこの高さ」と津波の最大高である16.7メートル地点に赤い線を引いているそうです。

 

これを機に、今後私たちにできることを考えるとともに、震災の教訓を少しでも生かせるよう備蓄品の点検をしてみてはいかがでしょうか。

 

個人ができることは小さなことかもしれませんが、忘れることなく今後も支援をしていく姿勢を示すことが大切ではないでしょうか。
被災地の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。